眼瞼痙攣

眼瞼痙攣の治療で病院を探すのちょっと待って!自宅でできるアイアクトがよかったですよ!

私(40代 女性)は突然、目を開けていられなくなる、まぶたのピクピクに襲われました。

 

ネットで調べてみると眼瞼痙攣(がんけんけいれん)だとわかりました。

 

同じような症状の方が40代から60代の女性に多いのだとか・・・。

 

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とは「まぶたの開閉の切り替え故障」のことです。 

 

「目を開けていられなくなる」「まぶたが、ぎゅーっと閉じてしまう」
「目が開けにくく、閉じていた方が楽」「日差しやスマホ画面の光がまぶしい」
「歩いていて人や物にぶつかりそうになる」「1分間に瞬きを20回以上している」

 

などが主な特徴で、私はいくつかに当てはまりました。

 

いきつくところは、まぶたが垂れて目が開かなくなり「機能的失明」に陥る可能性もあると聞いて急に怖くなり

 

眼瞼痙攣の治療で病院を探そうと思ったのですが、近くによいお医者さんがなく、
遠くの病院はあったのですが、まぶたに痛いボトックス注射を何度もすると聞いて、これまた怖くなり二の足を踏んでいました。

 

そんなときに姉に「私もネット色々調べたけど、これいいんじゃない。これなら自宅でできるし痛くないし」

 

と言われて「アイアクト」を知ったのでした。

 

眼瞼痙攣の治療、自宅でできるアイアクトとは?

眼瞼痙攣

 

 

アイアクトは現在、唯一の眼瞼痙攣用クリームだそうです。

 

軽症例を含めると、日本には少なくとも30〜50万人以上の患者さんがいると推定される
眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とよばれる「まぶたの開閉の切り替え故障」に対応しています。

 

自宅でケアできる独自配合商品で

 

一番の特徴は

 

「塗るボトックス成分」ということです。お医者様での注射の代わりと言えるでしょう。

 

眼瞼痙攣の症状を抑える成分が配合されています。

 

詳しく言うと「アルジルリン」「シンエイク」「プロジェリンカプセル」
を経皮吸収を促進するためにナノ化して配合しているとのことです。
この3つの成分を配合しまぶたに浸透しやすくて作られたのだとわかり納得しました。

 

 

「目を開けていられなくなる、眼瞼痙攣」の方
・「薬剤性眼瞼痙攣」=薬の副作用が気になる方

 

こういった方にすすめられます。安心な30日間返金保証があるのは以下の公式サイトからです!

 

 

page top